冷蔵庫で活躍するマグネット【はんぶんばさみ】

たくさん紙をはさんで、簡単に付け替えるのに便利なマグネットです。

冷蔵庫マグネット【hanbunbasami】

冷蔵庫やホワイトボードにパチッとつけるマグネット【はんぶんばさみ】です。

洗濯バサミの半分のかたちだからこの名前になりました、、、。

これからはんぶんばさみのプレゼンをしてみたいと思います。

冷蔵庫で結構使える
【はんぶんばさみ】

はんぶんばさみがうまれたのは、冷蔵庫につけているマグネットに不満があってのことでした。我が家ではゴミの収集日とか、町内会のお知らせとか、スーパーのお買い得情報とか、なにかとパチパチと貼り付けていました。はじめのうちは枚数も少ないので良いのですが、そのうち無茶をして分厚いクレジットカードの請求書をはさんだりすると「バサッ」と落ちて散らばります。こんなふうな「何枚もの紙を挟んでとめたいな」というときに良い感じのマグネットをつくってみよう、というのがつくるきっかけでした。

2個マグネットが入っているから厚手になってもシッカリとめられる
洗濯バサミの要領で、はしっっこを押すと簡単につけはずしできる

まず、「今までのマグネットはなぜ厚手のものを挟むと「バサッ」と落ちてしまうのか?」ですが、磁石は冷蔵庫の扉(鉄板)に磁力でつきます。この磁力は磁石と鉄の距離が離れると急に弱くなってしまう性質があります。ですから、何も挟んでいないときが最も強く、ポストカードくらいなら良いですが、ダンボール紙くらいになるととても弱くなってしまいます。これを解決するためには、ものすごい強い磁石にしてしまうというのがもっとも簡単な方法でしょう。しかし、それでは挟む紙の量が少ないときには強過ぎて使いにくくなります。そこで冷蔵庫にくっついているための磁石と、紙を挟むための磁石を2つに分けて考えることにしました。はんぶんばさみの先端部は左の写真のように2つ出っ張りをもっており、先っぽの出っ張りが紙を抑えるための磁石が入っている部分、もう1つの出っ張りが鉄板(冷蔵庫)にくっつくための磁石が入っている部分と分けてやることで、取り付ける紙の量が増えても大丈夫なようにしました。

厚手の紙を挟むだけではなく、すいすいと紙を取れるようにも工夫しました。

これで、必要な書類をサッと(ムービーはおうちゃくして1テイクのみで撮ったので途中ぎこちないですが、、、)取ることがでますね。